Ensemble Vivo

An instrumental ensemble for contemporary music, Tokyo, Japan

[concert history] [world/Japan premires] [founder/director] [contact]


Concert history of Ensemble Vivo and other related groups (all promoted by Hitomi Kaneko)

11th concert


Ensemble Vivo 2011 “Regard d’Occident / Voix d’Orient” at Tokyo Keyaki Hall, March 2011.

アンサンブル・ヴィーヴォ2011公演 (--> flyer)
「西洋の目、東洋の声 〜 フランス音楽アカデミーとアジアの作曲家〜 」

日時:開演時間が変更になりました。ご確認ください。
2011年3月1日(火)18時30分(開演)/18時(開場)
会場:けやきホール(古賀政男音楽博物館内)
   小田急線・千代田線「代々木上原駅」下車徒歩3分
   http://www.koga.or.jp/access/index.html

入場料:無料

演奏:鈴木生子(クラリネット)、中澤沙央里(ヴァイオリン)、大須賀かおり(ピアノ)

主催:アンサンブル・ヴィーヴォ2011
後援:京都フランス音楽アカデミー
   日本現代音楽協会
企画/構成:金子仁美、鈴木生子、大須賀かおり
お問い合わせ:ensemble.vivo@gmail.com

【プログラム】(曲順未定)

■ アラン・ゴーサン:悟り クラリネットのための [1998] 日本初演
Allain Gaussin:SATORI pour Clarinette en Si♭[1998]
Japan premiere

■ 阿部 俊祐:黒の悪戯 クラリネットとピアノのための [2010]
Shunsuke Abe: Jeux de noir pour clarinet et piano [2010]
(メシアン賞受賞作品)

■ アラン・ゴーサン:トウキョウ シティ ピアノのための [2008] 改訂初演
Allain Gaussin:TOKYO CITY pour piano [2008] Revision Premiere
(2010年フランス音楽アカデミー講師、メシアン賞審査員)

■ 金子 仁美:呼吸(いき)I クラリネットのための [1997]
Hitomi Kaneko:Respiration I pour clarinette solo en Semol [1997]

■ ハン・ジョンフン:微動 ヴァイオリンのための [2010] 日本初演
Junghoon Han:Mindong for Violin [2010] Japan premiere

■ パク・チャンウォン:トリオ ヴァイオリン、クラリネット、ピアノのための [2010]
日本初演
Changwon Park:Trio for Violin, Clarinet and Piano [2010]
Japan premiere

10th concert


Ensemble Vivo 2010 “Creations from Japan” at Daegu International Contemporary Music Festival, Korea, November 2010.

9th concert


JSCM “Atelier of instrument with Tsuyoshi Tsutsumi (Cellist, General Manager)” at Tokyo Sonorium, Tokyo, Japan, October 2009.

8th concert


Ensemble Vivo 2008 “Creative Works in 20th→21st centuries, European Trend” at Opera City Recital Hall, Tokyo, Japan, March 2008.

アンサンブル・ヴィーヴォ2008公演 20→21世紀の創作

日時:2008年3月6日(木) 19時〜
場所:東京オペラシティー リサイタルホール
料金:3,000円(全席自由)

[出演]
吉川真澄(Sop)、間部令子/難波薫(Fl)、鈴木生子(Cl)、原博巳(Sax)、
窪田翔(Perc)、大須賀かおり/冨田実里(Pf)、甲斐史子(Vn)、西山健一(Vc)、
夏田昌和(Cond)、金子仁美(企画構成)

[曲目]
・クロード・ヴィヴィエ:フルートとピアノのための小品
・クロード・ヴィヴィエ:ヴァイオリンとピアノのための小品
・クロード・ヴィヴィエ:パラミラボ〜フルート、ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための
・ベアート・フラー:粘土の足で立って[日本初演]〜声とフルートのための
・フィリップ・ユレル:墓(トンボー)ジェラール・グリゼーの思い出に〜打楽器とピアノのための
・セバスチャン・ガクシー:ジグゾーパズル[日本初演]〜テナー・サクソフォンのための
・アラン・ゴーサン:球体のハーモニー[日本初演]〜フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、打楽器のための

企画/構成:金子仁美・夏田昌和
協力:鈴木純明
主催:アンサンブル・ヴィーヴォ2008
助成: 日本芸術文化振興基金 財団法人 ローム ミュージック ファンデーション

7th concert


Ensemble Vivo 2006 “Composition 2001-2005,” Opera City Recital Hall, Tokyo, Japan, February 2006.

アンサンブル・ヴィーヴォ 2006公演 《Composition 2001-2005 〜グリゼイ最後の作品日本初演!〜》

2006年2月9日(木) 19:00 東京オペラシティコンサートホール

金子仁美(企画)、森川栄子(Sop)、中田茜(Fl)、山根孝司/田淵恵美(Cl)、原博巳/寺田幸司(Sax)、曽我部清典(Tp)、牛渡克之(Euph)、橋本晋哉(Tu)、篠崎史子(Hp)、窪田翔/塚越慎子/橋本淳平(Perc)、甲斐史子(Vn)、海野幹雄(Vc)、溝入敬三(Cb)、久保智美(オンドマルトノ)、大須賀かおり(Pf)、夏田昌和(Cond)

全自由:3,000円
アンサンブル・ヴィヴォ事務局090-8438-0184、ensemble.vivo@nifty.com


6th concert


Ensemble Vivo 2005 “Presence en Europe - sous les deux cotes, la composition et l'execition ~ Invites specials de Antoine Cure(Trompettiste, Professeur de CNSMP) et Johannes Scollhorn(Compositeur, Professeur de Hochschule fur Musik und Theater Hannover)” at Opera City Recital Hall, Tokyo, Japan, March 2005.

アンサンブル・ヴィーヴォ2005

ヨーロッパの現在〜創作と演奏の両面から〜
2005年03月10日(木)  19:00開演  東京オペラシティ リサイタルホール(東京都)

トランペット奏者のアントワーヌ・キュレ氏、作曲家ヨハネス・シェルホルン氏を迎えて
ジャチント・シェルシ「4つの小品(1956)」トランペットのための
 
夏田昌和「新作(2005)」トランペット、フルート、ピアノのための
 
ヨハネス・シェルホルン「シュルスフィグネッテ&リトレテシュス(1988)」弦楽トリオ(T)ヴィオラ・チェロ・コントラバス(U)3つのチェロ(V)のための
「ビス(1995)」弦楽トリオのための
 
金子仁美「新作(2005)」トランペットのための
 
フィリップ・ユレル「ルイージのために(1994)」フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための

[出演]
金子仁美(企画)、夏田昌和(Cond)、大須賀かおり(Pf)、橋本岳人(Fl)他

[曲目]
・夏田昌和:新作(世界初演)
・金子仁美:新作(世界初演)他

[料金]
全自由:\3,000

5th concert


Ensemble Vivo 2002 “Possibility of Technology in Creation” at Opera City Recital Hall, Tokyo, Japan, December 2002.

Ensemble Vivo 2002「創造におけるテクノロジーの可能性」
12月19日(木)19:00〜/東京オペラシティ・リサイタルホール/\3000

【演】甲斐史子(vn)、大須賀かおり、秦はるひ(pf)、中田有(vc)、木ノ脇道元(fl)

【曲】F.パリス/ソンブラ(日本初演)、金子仁美/シェルターの中で(改訂初演)、フォルマント兄弟(三輪真弘+左近田展康)/N市役所福祉局保育課業務日誌より(世界初演)、小坂直敏/新作、莱孝之/セヴン・リフラクションズ、J.ハーヴェイ/モルトゥスプランゴ・ヴィヴォスヴォーコ

【券】東京オペラシティチケットセンター03-5353-9999

【?】アンサンブル・ヴィーヴォ2002 03-3428-7840、ens.vivo2002@nifty.com


4th concert


“Japan Premier of Vortex Temporum I, II, III -- with French Composer Jean-Luc Herve,” at Opera City Recital Hall, Tokyo, Japan, June 2001.


3rd concert


“Play the 20th Century” at Toho Gakuen College of Music, Tokyo, Japan, 1999.


2nd concert


“Play the 20th Century” at Toho Gakuen College of Music, Tokyo, Japan, 1998.


1st concert


“Play the 20th Century” at Toho Gakuen College of Music, Tokyo, Japan, July 1997.
Last update 23 October 2011 by Ensemble Vivo